5.連邦道路80号線の第3工区の除雪作業

資料番号:5

国名:アメリカ合衆国

文献名:5. 連邦道路80号線の第3工区の除雪作業

著者・発行者:(社)雪センター 「米国の冬期道路管理体制調査団」資料

発行年度:平成5年11月(1993年11月) 調査期間 H5.7.26~H5.8.3

内容・概要等:

山脈横断道路の1つである連邦道路80号線は、サンフランシスコとニューヨークを結ぶアメリカにおける重要な幹線道路である。その中でも標高2,170mのドナー峠を抱える第3工区は、その気象、道路、交通環境が我が国の関東から北陸に通じる一般国道17号線に似ている。

本書では、この連邦道路80号線の第3工区における1993年当時の冬期間の施設や人員、除雪機械の配置状況等の除雪体制を紹介している。

特に、除雪機械の写真とドナー峠地区の情報について多くのページを割いている。

 

目次一覧:

○ 除雪に関する総論
○ 連邦道路80号線の道路除雪概観
○ さほど古くない優れた除雪機械の写真
○ 維持機械
・ロータリー除雪車(5,000t/時)
・ロータリー除雪車(3,000t/時)
・グレーダー(全輪駆動型)
・グレーダー(刃先を鋸状にしたもの)
・除雪トラック(砂散布装置付)
・除雪トラック(多車線用)
・除雪トラック(砂湿潤散布装置付)
・液体凍結防止剤散布車
・移動用トラック(押す)
・移動用トラック(引く)
・燃料トラック
・清掃車
・SCANシステム
・移動用通信装置
・固定型情報板(CMS)
・移動型情報板(CMS)
○ 表と図
・ドナー峠地区情報シート
・維持マップ
・インターステート80チェーン装着場地図
・インターステート80/US50号の図表
・チェーン装備車輪
・ドナー峠の降雪量と最大積雪深
・エコー峠の降雪量と最大積雪深

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください