建設機械施工技術検定試験のご案内

建設機械施工技術検定試験は、建設工事の機械化施工に従事する技術者の技術の向上を図ることを目的とし建設業法第27条第1項に基づき国土交通大臣指定機関が実施する国家試験です。

1級合格者は各種建設機械を用いた施工における指導・監督的業務に携わり、建設業法で定められた主任技術者や監理技術者として施工管理を行うことができます。

2級合格者は第1種から第6種に分かれそれぞれの機械を用いた施工において、運転・施工の業務に携わり、また一般建設業の現場の主任技術者として施工管理を行うことができます。

JCMAでは国土交通大臣より試験機関の指定を受け、毎年6月に1級・2級の学科試験(1級は実地試験の記述式Aも実施)、8月下旬から9月上旬に1級・2級の実地試験(実技)、1月に2級の学科試験を実施しています。

試験の詳細や結果につきましては、本部webサイトよりご確認ください。

JCMA本部 1・2級建設機械施工技術検定試験 Webサイト

【令和2年度学科試験(1回目)、実地試験に関する日程】

  • 上記Webサイトをご覧ください。

【令和2年度学科試験(2回目、2級のみ)に関する日程】

  • 受検の手引の販売:9月中旬より
  • 受検申込:9月23日(水)から10月21日(水)まで
  • 学科試験(2回目):令和3年1月17日(日)
  • 合格発表:令和3年3月9日(火)

【受検の手引きの販売】

また、北陸支部でも事務局の窓口および郵送にて受検手引きの販売を行っています。ご希望の方は申込書に必要事項を記載いただき、お申し込みください。

令和2年度第2回学科試験(1月)の受検の手引き販売は9月中旬より販売の予定です。

受検の手引き申込書(WORDファイル.docx 形式)

受検の手引き申込書(PDFファイル)

【試験の案内ご案内(チラシ)】

※クリックするとチラシのPDFをダウンロードできます。