2.欧米における冬期交通路面管理と調査・研究の動向

資料番号:2

国名:ヨーロッパ、北米

文献名:欧米における冬期交通路面管理と調査・研究の動向(開発土木研究所月報 1992年9月号 北海道開発局開発土木研究所)

著者・発行者:北海道開発局開発土木研究所道路部防災雪氷研究室副室長 加治屋 安彦(かじや やすひこ)

発行年度:1992年9月

内容・概要等:

開発土木研究所月報1992年9月号に掲載された技術資料である。

脱スパイクについては、日本では緒についたばかりであるが、欧米ではかなり先行して実践している国も多い。

本資料では、欧米における冬期路面管理と調査・研究の動向を、最近のOECDレポート(冬期道路メンテナンスにおける薬剤の使用制限について)や、1991年に開かれたPIARC(国際冬期道路会議)、米国のSHRP(Strategic Highway Research Program)、札幌市を中心とした北方都市会議などの資料からとりまとめて、報告しているものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください