3-5.TRB主催 第3回 除雪と雪氷対策技術に関する国際シンポジウム 参加報告

資料番号:3-4

国名:世界全般

文献名:TRB主催 第3回 除雪と雪氷対策技術に関する国際シンポジウム 参加報告(機関誌「ゆき」1993年1月号 (社)雪センター)

著者・発行者:北海道開発局開発土木研究所道路部防災雪氷研究室副室長  加治屋 安彦(かじや やすひこ)

発行年度:1993年1月

内容・概要等:

(社)雪センターの機関誌「ゆき」1993年1月号に掲載された論文である。

1992年9月14日から18日まで、TRB(米国交通運輸研究会議)主催の第3回 除雪と雪氷対策技術に関する国際シンポジウムが、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス市で開催され、開催状況を紹介している。

シンポジウムは、12のセッションについて56編の研究発表が行われた。

セッションは下記のとおりである。
1)冬期道路管理ポリシーとマネジメント
2)雪氷対策材料と適用方法(Part1)
3)雪氷対策材料と適用方法(Part2)
4)環境影響
5)吹雪対策
6)雪氷対策の将来動向
7)除雪機械
8)路面状況
9)交通安全と道路管理
10)視程障害
11)道路気象システム
12)気象予測

 

目次一覧:

「ゆき」1993年1月号
・米国における冬期道路管理の調査・研究動向
北海道開発局開発土木研究所道路部防災雪氷研究室副室長 加治屋 安彦(かじや やすひこ)
・ヨーロッパの道路気象情報システム
北海道開発局開発土木研究所道路部交通研究室長 小長井 宣生(こながい のぶお)
・世界の冬用タイヤの状況
(社)日本自動車タイヤ協会 技術部長 林 宏(はやし ひろし)
・諸外国の冬期気象
(株)応用気象エンジニアリング 代表取締役社長 高田 吉治(たかだ よしはる)
・TRB主催 第3回 除雪と雪氷対策技術に関する国際シンポジウム 参加報告
北海道開発局開発土木研究所道路部防災雪氷研究室副室長  加治屋 安彦(かじや やすひこ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください